新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

SF福島の会員様への往訪のご報告

東日本大震災発生の翌年から、お付き合い頂いている福島の生産者の皆様をGWを利用して訪問して来ました。
福島市、二本松市周辺の内陸部の皆様で、外見は概ね復興された様に感じられましたが、色々とお話をお伺いしていると島=放射能という風評被害は根強く残っている様でした。復興支援ということが逆にそのことを何時までも思い起こさせることに繋がっているのではないかと感じました。
今後のイベントの名称を含め再考する必要が有りそうです。

特に野菜農家の皆さんは除染作業も儘ならないほどの被害で、訪問したスローフード福島のリーダーの須藤さんも畑は放置状態、取りあえず廃業され、勤めに出ておられました。
只、救いはご結婚されていて、2ヶ月程前にお子さんにも恵まれてお幸せそうだったことです。
そしてスローフードの運動も続けれれていて、ご支援いただいた全国の皆さんへのお礼と報告を兼ねて、スローフード福島の活動状況と近況をまとめた冊子を発行されていました。
 
 
この冊子は全員にはお渡しできる数はありませんンが、機会をある都度、皆様にもご覧頂けるようにしたいと思っています。
この冊子にも報告されている様に、SF福島の皆さんは色々と工夫されて活動を続けておられ、我々にも参考になる様な内容となっております。
又、10ページから13ページには生産者のみなさんの想いが直接語られています。ここだけでも是非お目通しを頂けると福島の原発事故の被害がどのようなものかを再認識頂けるのでは無いか思います。

この4年間、お付き合い頂いている斉藤梨園さんへの訪問では、ご家族での昼食にご同席させて頂き、和気あいあいの時間を過ごさせて頂きました。又、お隣の加藤梨園さんをご紹介いただきました。
加藤梨園さんは梨園の畑の通路を利用したにバラ園を作られていて、福島フラワーキャンペーンにも貢献されて、楽しみながら復興を推進されているご様子でした。バラの開花時期6月には多くのお客様が来訪されるとのことで、広い駐車場が設置されていました。
 
 
既に、和梨洋梨の果実の子供が見られましたが、左の和梨(二十世紀)と右の洋梨(ラ・フランス)は、素人の私にも分かる程の違いが有りました。今年も去年同様高収穫であります様に!
  
加藤梨園併設のバラ園の案内図、梨園全体にバラの通路が作られていて広範囲にわたるものでした奥さん手書きの薔薇の名前の絵画と旦那さんの園芸の組み合わせにご近所のお手伝いが加わった素晴らしい試みのようで、近い将来福島の観光名所の一つになるのではと思われました。
下の写真は宿泊した飯坂温泉の駅の飾り(花で作った卵型の飾り)でフラワーエッグ


最後に、人気酒造の工場にもお邪魔し、社長直々に最新の施設を整えた工場をご案内頂きました。発酵が済んだお酒は全て火入れをしないでそのまま瓶詰めされる国内でもまれな設備を整えられていて、それなりに受注されている様子でしたが、社長に言わせると復興支援の注文が多く、原発事故の前の様な本来の受注状況とは違うとのこと!そんなところに風評被害の実態が感じられました。

 
H28.05.16

CommunityCafe ヤムヤム
田中耕一郎

味の箱舟(アルカ)に認定!

味の箱舟(アルカ)に認定

 

長崎ハクサイ(唐人菜)

 

エタリの塩辛、雲仙こぶ高菜に続き3つ目の認定

 

 2007年7月31日、長崎ハクサイ(唐人菜)が新たに「味の箱舟」に認定されました。

これはSF長崎にとって、2005年11月27日に認定された 「雲仙こぶ高菜」と「エタリの塩辛」に続き3つ目の「味の箱舟」認定品目となりました。

SF長崎では、味の箱舟(アルカ)認定候補として、長崎ハクサイの他に、ゆうこう、きのす、木引カブ等の品目を選定し、長崎ハクサイの基礎調査書を、H17年10月に提出して認定に向けた説明、追加調査等を行っていましたが、

この度その努力が報われて正式に認定の運びとなったものです。

白菜

アルカに認定された長崎ハクサイ、長崎ではお正月のお雑煮には欠かせない野菜です。


味の箱舟(アルカ)認定とは?

「味の箱舟」には、世界中の「味の箱舟(アルカ)」委員によって定められた5つの認定基準があり、その基準を満たしているかどうかが、イタリアの本部で審査され、認定されます。

 

5つの認定基準】

その生産物が、特別に美味しいこと。 (美味しさとは、その土地の習慣や伝統を基準にすること。)

その生産物が、ある程度の長い年月にわたって、その土地に存在した植動物の種であること。

また、その土地の原材料が使われた加工、発酵食品であるか、あるいは、地域外からの原料であっても、その地域の伝統的製法によるものであること。

その地域との環境的、社会経済的、歴史的つながりがあること。

小さな作り手による、限られた生産量であること。

現在、あるいは将来的、消滅の危機に瀕していること。

 

【日本の認定品目】
今回、5品目が認定され、現在合計20品目が味の箱舟に認定されています。
どのような品目が認定されているかは、こちらで支部別に取り纏めています。

Copyright2010 スローフード長崎 All Rights Reserved.